AW検定協議会

ホーム > 技量検定試験の概要 > 技量検定試験の概要

技量検定試験の概要

<$entrytopimagetxt$>

AW検定協議会は、工場溶接技能者・現場溶接技能者・鋼管溶接技能者・溶接ロボットオペレーターの技量検定試験を行い、優れた技能を有すると認定された者に対して資格証を発行しています。
技量検定試験では実技試験を行い、その試験体について外観検査・X線透過試験・機械試験を実施した結果を総合判定会議に諮り、複数の鉄骨溶接専門家の評価に基づき合否が決定されます。

検定試験の流れ

検定試験の流れ(写真つき)

年間の活動

年間の活動(写真つき)

AW検定資格に関する不正内容と処分

受験年度不正内容処分
1995年度 工場溶接
外観検査後の試験体への不正行為(9名)
受験者全員(12名)の試験不合格
翌年以降の受験不可
2006年度 工事現場溶接 資格証の偽造(1名) 事業所のAW登録抹消:1年
2008331日まで
AW資格取り消し:1名
2017年度 工場溶接 仮合格通知書の偽造(1名) 事業所のAW登録抹消:1年
2019331日まで)
2017年度 工事現場溶接 資格証の偽造(1名) 事業所のAW登録抹消:1年
2019331日まで)
AW資格取り消し:1名

※事業所のAW登録抹消期間は、同事業所に属する溶接技能者のAW検定試験の受験および資格の延長申請を受け付けません。